「絶望的な激痛が奇跡的に治った話」カテゴリーアーカイブ

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(3)

(2)の続きです。

曲がってしまった首の骨、ずれてしまった椎間板を治すため、不思議な治療法「十字式健康法」の吉祥寺会場(現在は閉鎖)に向かいました。
混んでいるときは数時間は待つと聞いていたのですが、私が最初に行ったときは広い待合室には誰もおらず、そのまま待たずに診てもらえました。治療する先生は宗癒師(しゅうゆし)と呼ばれていて、いろいろな方が交代で来ていて、人気のある先生とそうでもない先生がいるらしい、ということが後からわかりました。私が最初に診てもらった先生はまだ新しい先生で、あまりファンもついていなかったのでしょう。
治療の様子は前もってネット上で体験談を読んでいましたが、まさにそのまま、読んだとおりでした。先生は背骨に白いパウダーをつけ、「ウシ! フン! シュー!」などの気合の入った掛け声をあげます。全部で3分くらいで終了。いや、これでほんとに治るんならいいけどさ。。。痛みは全く変わりません。
でも帰り道でよくなってきたとか、数回通って治ったとか、という話も聞いているので、しばらく様子を見ることにしました。家に帰ってからも、その翌日も、数日たっても、痛みは変わりません。

先生が新米だからダメだったのかな。。。
そこでとりあえず、十字会のブログに載っている予定表を見て、すべての先生に当たるように時間と曜日を変えて通ってみることにしました。そして10回通ってみて痛みに変化がなければ、ここはやめて他のところを探すことにしようと決めました。
週1位で通っていると、混んでいる時間帯、人気のある先生、何故かいつも絶対いる常連の患者さんなどが観察できて興味深かったです。
吉祥寺会場の待合室に併設された喫茶店はすごくよかったです。
待ち時間にケーキやハニートースト、本部の北海道から取り寄せたお菓子などを食べましたが、全部当たり!美味しい!
ただ、コーヒーはその時に調理を担当しているスタッフさんによって全然味が違いました。一人めちゃくちゃ上手にコーヒーを淹れる人がいて、その人がいたら絶対に喫茶店に入ってコーヒーを注文しました。同じコーヒー豆でも淹れ方によってこんなにも味が変わるもんだなと思いました。

十字式に行ってよかったのはその喫茶店だけです。
そう、10回通っても、先生を変えても、痛みは全く緩和されませんでした。
先生はみんな信仰心があって人を助けたいという純粋な気持ちで仕事をしているのは伝わってきましたが、とにかく私には効きませんでした。やはりキリスト教徒じゃないとダメだったのでしょうか。。。
人によっては一回で奇跡的に治る人もいるみたいですが。。。
ここからしばらく、治る仕組みってどういうことなんだろう?というテーマに向き合うことになります。

十字式で気になったのは、時間や曜日を変えて行ったのに、行くたびにいつも待合室に座っている人です。この人は毎日、そして一日何回も来ているの??と不思議に思いました。毎日来てるってことは全然治らないってこと?
また、常連の年配の御婦人方のコミュニティらしきものが出来上がっていて、今度はあの先生に行ってみようとか、あの先生は中々よかったとか、楽しそうにおしゃべりしています。おそらく、ちょっとした肩こりや腰痛でここに来て、少し軽くなる⇒常連になる⇒友達を誘うという流れで、十字式が趣味のような感じになっているのかもしれません。もしかしたらおしゃべりすることでストレスが発散されて、ちょっとした肩こりが治っているのかもしれません。病院の待合室やスポーツジムでもよくある光景です。コロナ渦であらためて気づきましたが、他人と軽くおしゃべりするだけで、かなりストレスが緩和されますよね。。これもちょうどよい距離感は必要ですが。。

わたしが絶望感を覚えたのは、ある一人の先生に今の症状を伝えた時、
「まったく同じ症状の人が通ってたよ」と聞き、
「その人は治ったんですか?」と尋ねると、
「うん、まあ一年くらいかかったけどね。でもその人、今度は腰が痛いって通ってるよ」

一年?!
それって、もはやこの治療の効果かどうかわからないじゃん。
しかも、あちこち痛くなって結局ここに通い続けるのはどうなんだろう?
私はとっとと治したいんですが。。。
そういえば整体師さんにハマっている人とかも同じかも。
民間療法ってこういう依存関係を成立させることでビジネスモデルが成り立っているんですね。
まあ、値段もバカ高くはないし、先生もスタッフさんもいい人そうだし、趣味として通うのも本人が楽しいならいいのかもしれません。習い事のようなものか。。。
私は絶対嫌だけど。。

民間療法の世界を初めて見て、新鮮な衝撃を受けました。
これはある種の人たちにとっては一つの趣味なんだ。。。

もちろん、腰をさすりながら黙って座っている中年男性や、介護の人に手を引かれてよろけそうになりながら待合室に入ってくる方も見かけました。この人たちは急性の症状で、趣味などではなく一回の奇跡を求めてやってきているのだとわかります。私もそっち側です。

私には奇跡は起きませんでしたが、ネット上の体験談を見ると、奇跡的に治る人もいるんですよね。
この違いは何なんでしょうか?

(4)へ続く

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(2)

(1)の続きです。

整形外科のリハビリ室では、首の牽引、温熱療法、低周波マッサージの3点セットを何回か繰り返しましたが、全く改善する兆候は見られませんでした。

次に私が向かったのは、ヨガ業界では割と有名なヨガ&ピラティスインストラクター兼理学療法士の先生です。ってここまで書くと、ヨガをそれなりにやっている人にはわかってしまうと思いますが、長年お世話になっていた方なのであえて名前は書きません。
常日頃から、側弯症の治療に運動療法を取り入れて劇的に改善できた事例や、手術することへの批判など、独自の持論を展開している方なので、きっとこの人なら手術なしで治る方法を教えてくれかも!と縋るような気持ちで個人レッスンの予約を取りました。当時は確か1時間1万円くらいだったように思います。

その先生に例のMRI画像を見せると、
「う~ん、これは難しいね…ここまできちゃうと運動療法では…」と最初から弱気な発言。
さらに「手術をする時は、きっと○○の方法で○○して…」と手術について語りはじめました。
え?!ちょっと待って! 手術をあんなに批判していたのに?!
MRIの画像がそんなに衝撃的だったのでしょうか?
結局その日は、痛みを緩和するストレッチなどをいくつか教えてもらって帰りました。今思うと、そのストレッチは全く理にかなったものではありませんでした。

これは、ある意味洗脳が解ける良い機会でした。
その先生はヨガ業界のメディアにも露出しまくりでファンも多く、ヨガの難しいポーズもたくさんできるし、心や身体の健康について自分なりの持論があり、身体についてはきっとなんでも知っているんだなぁと雰囲気でした。
先生が経営しているヨガスタジオが近所だったので、私は定期的に先生のクラスに通い、ヨガのポーズについて「これが絶対正解!」というスタンスの先生の教えをかなり信じてしまっていました。
有名なヨガの先生はみんなそうですが、自分のやり方こそ真実!と主張するので、お互いの批判(悪口)を陰で言いまくっています。全然ヨガ的ではないですね。これはどの業界でも同じか。。
先生のクラスは75分でしたが、先生はおしゃべりが好きで、75分間ずっと自分の主張を語って全く体を動かさない、ということが時々ありました。私は1ヶ月通い放題のマンスリーパスで通っていたのでまだよかったのですが、遠方から来てドロップインで支払った人は大丈夫なのかなぁといつも心配になってしいました。が、ファン(信者)の方々は、目をキラキラさせながら先生の話を聞いていました。私は、内心、話を聞きに来たんじゃなくて汗をかきに来たのになぁと、納得いかない気持ちでした。

そして、そんな持論を熱く語る先生だからこそ、痛みを治す方法を知っているはず!という希望は絶望に変わりました。
言葉は悪いですが、講釈を垂れる割には全く役立たずだったというわけです。
もちろん、その先生に教えてもらってよかったなと思うこともたくさんあります。が、逆に教えられたことの中にこれは体を壊す動きだったなと思うことも同じくらいあります。今思い返せば。。。です。当時は全部よいものだと信じこんでしまっていたのが恐ろしいです。さらに、今もこれこそ正解!と信じているファンの方(多くはインストラクター)がいっぱいいることも怖いなと思います。洗脳されていたことすら気づけなかった当時の自分も怖いです。

しかし、私はこの治療家巡りの旅で、いろんな先生や治療法に洗脳されているたくさんの人たちに出会うことになり、まあ世の中ってそんなものか。。というふわっとした結論に至ります。

さて、西洋医学的なパラダイムの中ではこの首を治す方法はもう手術しかないのだろう、と絶望した私は、以前から興味のあった不思議系の治療法を試すチャンスじゃない?と思いつきました。こんなに痛いんだからそれなりのお金は使ってみてもいいよね。。と自分に許可が出せました。片っ端からやってみてダメだったら、最終的に手術すればいいんだしね。

とりあえずネットで情報を調べて、明らかに詐欺っぽいのは避けて、評判のいいところから行ってみることにしました。
で、割と多くの人が絶賛していた「十字式健康法」というものが目に留まりました。これはその名の通り、キリスト教の祈りの力で治療するものらしく、背骨の歪みを治すことで万病を癒やすことができるというもの。だったら首の骨のズレも治せそう!
ネット上では腰痛が治ったという体験談が多かったです。腰痛で悩んでいる人って多いですね。おそらく首からくる(と言われている)痛みで悩んでいる人の何倍もいそうな感じです。
「十字式健康法」はキリスト教の信者じゃなくても効くらしいし、お値段も初回3500円、二回目から2300円とお手頃でしたので、私はほとんど抵抗なく、一番近くの吉祥寺会場に向かいました。
※現在はコロナの影響で吉祥寺会場は閉鎖しています。現時点での料金は初回料金なしで一般2500円 75歳以上2000円15歳以下(中三まで)1500円だそうです。

(3)へ続く

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(1)

以前、およそ10ケ月くらいの間、腕の激痛と痺れに苦しんでいた時期があります。

ある日、左側の肩甲骨に少しだけジンジンしびれる感じがあり、放っておけば治るだろうと思っていたのですが、数日かけてその痺れに痛みが伴うようになり、その範囲が左腕全体に拡がっていき、親指、人差し指、中指の3本がしびれるようになりました。
なんだかおかしいぞ?ということで生まれて初めて整形外科を受診したら、「これは首からきていますよ」と言われ、首のレントゲンとMRIを撮ってみました。
医者はその画像を見ながら、険しい顔で、
「う~ん、これはかなり深刻です。もう70代くらいの首だよね、これ。。親指、人差し指、中指の3本がしびれるってことだけど、ちょうどその指に対応してる部位の頸椎が変形してるから、やっぱ首が原因だよね。長年かけてこうなっちゃったからもう治りませんよ」との診断。

その画像の一つがこれ↓です。

丸で囲んだ部分の、頚椎の骨と骨の間にある椎間板がずれて神経を圧迫して痛みと痺れが起きているということです。首の骨もストレートネックどころか、逆カーブになってますね。

手術しないと治らない深刻な状態と言われ、でも手術したからといって痛みが取れるはわからないし、逆に麻痺が出たり合併症を起こしたりもするなどと脅されました。

私も少しは知識があったので、
「でもはみ出したヘルニアは貪食細胞が食べてくれるんじゃ。。」と反論。
医者は、
「いやいや、ヘルニアじゃないのよ。椎間板そのものがずれちゃってるからもう治らないの」

「運動療法では治りませんか?」と聞いても、
「いや、もう運動では無理。。」とばっさり。
後ろに立っていた看護師さんも、うんうんと深くうなずいています。

とりあえず痛み止めで痛みを抑える処置しかできないからと言われ、リリカという薬を処方されました。痛みが酷くなって我慢できなくなったり、麻痺が始まったら、手術をするしかないということでした。

私は絶望的な気分で帰途につきました。

きっとカポエイラに長年はまっていたので、3点倒立のまま、つまり頭を床に押し付けたまま激しく動いたり、ダンスバトルにはまっていた時期もあったから、ヘルメットを被ってひたすらヘッドスピンの練習をしていたり。。
首の骨がずれるという点では、思い当たる節だらけだったのですが、最近はそんなに激しいことはしていなかったし、首に負担をかけていたのは、はるか昔、若い頃です。
その時にずれた首が、何年も異常はなかったのに、長いブランクを経て痛み出すことなんてある?!なんで今?

納得がいきませんでした。
後々、この違和感が正しかったことがわかります。
つまり、医者の診断が間違っていたのです。

でも、MRIの画像を見せられて深刻そうに診断をされちゃうと、相当やばいんだろうなぁ。。と思ってしまいますよね。なんだかんだ言って、西洋医学は一番信頼できる感がありますから。それに、画像を見ると本当に椎間板がはみ出して神経を圧迫しているように見えるし、そんなに神経が押されちゃったらそりゃ痛いし痺れるだろう。。と思ってしまいます。

その後、痛み止めの薬を飲んでも全く効かず、痺れはひどくなり、痛みは激痛に変わりました。
首の角度を常に下向きにしていないと左腕に激痛が走るようになりました。
上を見るなんてもってのほか、仰向けにも寝れないし、まっすぐ前を向いて歩くこともできない状態が続きました。寝るときは枕を重ねて高くして、思いっきり顎を引くような体勢で寝るしかありませんでした。
絶望的な日々の始まりです。
朝起きると激痛。ああそうだった。痛いんだった。。。
それから一日中激痛とともに生活です。痛みが一日中頭と心を支配します。地獄です。

とにかく治る方法を知っている誰かを探そう!と、そこから治療家巡りの旅がスタートしました。
運動療法、気功、鍼、カイロプラクティック、整体、オステオパシー、祈りの力、ヒーリング。。。

今まで身体だけは丈夫で健康だったので、民間療法にはあまり縁がなかったのですが、これを機に一気にいろいろな民間療法を試してみてたくさん学ぶことがありました。
まず、医者にかかっても治らない症状は数えきれないほど多く、そんな病気や痛みに苦しんでいる人たちがたくさんいること。その受け皿になっている民間療法も無数にあり、そこに巨大なマーケットがあること。そこには変てこな先生、変てこな治療法、変てこなお金の流れがあって、トランサーフィンでいうところの変てこな振り子がたくさんあるということです。

結果的に、私の痛みやしびれの症状はすっかり治ってしまって、もう痛みに苦しんでいたことすら忘れかけているくらいなのですが、せっかくあんな貴重な体験をしたのだから、今後の自分のためにも、また、何かの症状に悩んでいる方の参考に少しでもなればいいかなと、なるべく細かく思い出して記録しておきたいと思います。

オカルト好きの私としては、奇跡的な治療法や、奇跡的な癒しの能力を持つ治療家に出会いたかったのですが、残念ながらそっち系の治療はなーんも効きませんでした。

で、結局どうやって治ったか、最初に結論から言ってしまえば、それは、プラセボ効果です。
あ、そうか、プラセボ効果って究極のオカルトかも。。そっち系の神かも。。。
いまだにその仕組みは解明されていないのに、本当に難病が治ってしまうこともあるんだから不思議ですよね。
しかも、誰にでも備わっている力なので、奇跡の力を持っている他の誰かに頼らなくてもいいですし。。
問題はどうやって、プラセボ効果を引き出すかですよね。それも含めて考察していきたいと思います。

(2)へ続く

※ちなみに、腰痛に限らず、痛みに悩んでいる方にオススメの本があります。
こちらの本は、痛みがすっかり治ってから読んだんですが、すごく共感できることが多かったです。レビューを見ると、読むだけで治る人もいるし、全く効かない人もいるみたいですが。。

著者が朗読してくれているYouTube動画↓もあります。ご参考までに。。