「映像」カテゴリーアーカイブ

琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-

なぜか、Primeビデオの画像からの直リンクが貼れなくなりました💦
オススメはこちらです↓ プライム会員なら現時点では無料で観れます。
琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-

私は派手なアクションが好きなので、よく中国時代劇ドラマを観ますが、ストーリーが大味、ツッコミどころ満載、いろいろあり得ない。。ものが多く、他人にオススメせずに、一人でアクションを楽しむために観るものというカテゴリーでした。

しかし、これならオススメできる!と初めて観た時に感動したのが、このドラマです。
本当に中国ドラマなの?!と疑ってしまいたくなるくらい練り上げられた脚本で、伏線を確認しながらの2回目試聴も楽しかったです!王道の復讐ものですが、アメリカドラマにありがちなエロ・グロはほとんどなく、安心して家族と一緒に観れますよ。

“琅琊榜”とは琅琊閣という情報組織が毎年公表するランキングのことで、主人公の梅長蘇は、優れた才知を持つ者ランキング「十大公子榜」の1位です。事情があって武術はダメで全く戦うことはできず、ちょっと押したらフラッとよろけてしまうくらいの弱さです。が、とにかくかっこいいです。頭がいいと、物理的に強くなくてもこんなにかっこよく見えるものなんですね。
主人公の親友、蒙摯は、武術に優れた者ランキング「十大高手榜」の2位、主人公の元婚約者、穆霓凰は10位に入っています。
他にも魅力的なキャラがたくさん出てきます。きっとお気に入りが見つかると思います。

続編もなかなか面白かったですよ。

STEINS;GATE

もう10年前の作品なんですね。これは最初に観た時、普通に面白くなくて、一話目で挫折しました。
数年経ってから、プライムで無料だったので暇な時に頑張って少しずつ観ました。やっぱり面白くなくて、登場人物にも誰一人共感できなくて、また挫折しかけました。

でも、この作品はスロースターターだという評判を信じて我慢して見続けました。やはりタイムリープものが好きなので、有名な作品は観ておきたかったからです。
そうしたらやっと12話目あたりから、面白くなってきて、その後は止まりませんでした。

すぐに劇場版と、ゼロを観ました。
どれも素晴らしかったです。泣けました。観た後は感動して「私も最後まであきらめずに生きよう!」などと思えてきました。

やはり制作された順番に観るのがオススメです。最初は我慢です。そしてタイムリープものを観る原則として、矛盾やツッコミどころは深く考えずに作品内のルールに従う方が楽しめます。
お時間のある方はどうぞ。

僕だけがいない街

日本のアニメは素晴らしい作品がたくさんありますが、観たことのない人におススメしたいアニメ第一位はこれです。漫画の方は未読です。

これもタイムリープものです。個人的には大号泣できたし、あたかい気持ちになれたし、観終わった後、ああ観てよかったぁとしみじみ思いました。
ただ、犯人が最初からわかりやすく推測できてしまうのは何の狙いなんでしょう?この作品の良さは謎解きじゃないんだよってことが言いたかったのかな。。そこだけが謎です。

恋はデジャ・ブ

タイムリープもので有名な古い作品です。同じ日を何回も繰り返してしまうという設定です。
それに気づいた主人公はありとあらゆることを試してみます。警察に捕まって留置場に入れられても、目が覚めると何事もなかったようにベッドで目が覚め、また同じ2月2日が始まります。
自暴自棄になってあらゆる方法で自殺をしてみても、また2月2日朝6時に、同じラジオ番組を聞きながら目が覚めます。
この何度も繰り返す自殺シーンを見て、輪廻転生の仕組みを連想してしまいました。もしこの人生に失望して来世でやり直そうと自殺しても、また生まれ変わった人生で同じようなことを繰り返して死にたくなるのかもしれない。この人生で設定した何かが修了しないうちは、何度生まれ変わっても同じことを繰り返すのかもしれない。だから、直面すべき問題からは逃げられないんだろうなぁと。。。

監督の話では、主人公が2月2日を繰り返す回数はおよそ3000回だそうです。嫌な奴だった主人公がだんだん成長していい人に変わっていくプロセスも自然で納得できる構成になっています。
この人は人間としての格が違うなぁ。。と思える方にたまにお会いしますが、そういう人は、何千回も多く生まれ変わっている大先輩の魂なのかもしれません。

ミッション:8ミニッツ

監督はデヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズです。約90分という短い時間でこんなに面白いストーリーをつくれるなんて、さすがです。基本はSF+サスペンスなのですが、見終わった後はとてもあたたかい気もちになる素敵な映画でした。伏線を確認したくて2回連続で観ましたが、2回とも泣いてしまいました。

“今”を大切に生きよう
と文章にすると、使い古された陳腐な感じもしてしまいますが、この“今”という時間の大切さを気づかせてくれる映画です。
私は個人的にはパラレルワールドがあると思っているので、その点でもいろんなインスピレーションをもらえました。自分の好きなパラレルワールドへ行くためには、この映画の中でしつこいほど繰り返し出てくる“Everything is gonna be okay.”といったセリフを決めておくのがよいのかも。
ちなみに、パラレルワールドを旅するという視点から現実創造を考えるには、ヴァジム・ゼランド の“リアリティ・トランサーフィン” シリーズの本がお勧めです。

こういうループものorタイムリープものには、ツッコミどころがたくさん出てきてしまうのはしかたがないのですが、ハッピーエンドの世界線に焦点を当てて終わらせてくれているので、後味がとてもよかったです。