気功についての考察

気功についてすべては思い込みでインチキであるかのような書き方をしてしまいましたが、以前私もある人から気を受けて、全く触れていないのに思いっきり押されるような、ちゃんとした物理的なエネルギーを感じたことがあります。
そういう力って本当にあるんだ!と驚いた体験でした。その人は“気功”とは言っていませんでしたが・・・。

当時私は18歳、大学一年生で一人暮らしを始めたばかりでした。近所にスピ系グッズのお店があり、時々遊びに行っていました。店長さんから、今度瞑想会があるから出てみない?と誘われて参加した時のことです。
瞑想の先生として招かれたRさんは当時30代半ばくらいで、お洒落でとても綺麗な人でした。私も30代になったらこんな素敵な大人になりたいな…と思わされるような魅力的な人でした。

Rさんが瞑想について軽くレクチャーしてから、さあでは実際に瞑想してみましょう、ということになりました。
「瞑想する前に、一人ずつエネルギーを流すので、両てのひらを上に向けてください」とRさん。
私が両てのひらを差し出すと、その20センチくらい上に、Rさんは自分の両てのひらを下に向けてかざしました。
その瞬間、グワンと下に押されるような強い衝撃を感じました。はっきりとした物理的な力です。もちろんRさんは直接触れてはいません。
なに今の?!
私は生まれて初めて、目に見えないエネルギーの力を感じてびっくりしました。しかも、疑いようのないくらいはっきりと。
しかしRさんは、そんなものは当たり前であるかのように、淡々と一人ずつ同じように手をかざしてエネルギーを流していきます。
若かった私は、へえ、こんな世界もあるんだね~!とワクワクしました。
続きを読む 気功についての考察

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(5)

(4)の続きです。

『か●●公いち治療院』の気功教室に初参加した時のお話です。
治療院はマンションの一室、参加した生徒さんはたしか5~6人くらいだったと思います。すべて女性で、年代は30代~60代くらいでした。

最初、先生は熱く語りはじめました。何を目指して気功をやるのか、どうして病気になるのか、深呼吸の大切さなど…そっち系の本によく書かれてることで知識としては知っていましたが、私はかなり先生の話に引き込まれて感銘を受けました。
体験談や具体的な例を交えて話し、その話が「そうそう」「あるある」と思ってしまうような普遍的なものだったので、自分の過去の体験ともイメージが重なり、深く心に響きました。上手いです。
なるほど、この先生にファン(信者)がたくさんいるのは、話すのが上手だからかもしれないな。。。と納得。帰り道で他の生徒さんに聞いたら、いつもはそんなに語ったりしないそうで、おそらく初めて来た人がいたからだろうということでした。

さて、先生が一通り語った後、ついに気功教室実践編が始まりました。内容は、深い呼吸の練習や、手を動かしながらイメージで気を体の中に通していく練習など、どの気功の本にも載っているような基本の気功でした。基本は大切なんでしょうが、これはちょっと期待外れでした。盗みに来る人もいるって言ってたけど、どこを盗むんだろう??特にオリジナリティは感じませんでした。

最後に先生が一人一人に気を流していきます。これがこの教室の一番の売りのようで、どうやら常連の生徒さんたちはこれを目当てに来ているようです。急に皆さんの顔が輝きだしました。
一人ずつ先生の前に出ていって気を受けます。他の人は座って見ています。古株らしき生徒さんは、先生の気を受けて思いっきり飛ばされたり、動けなくなったり、先生の手の動きに反応して笑いが止まらなくなったり、めちゃくちゃ楽しそうです。しかしそれに比べて、比較的新しい生徒さんは動きが鈍いです。そこまで先生の気に反応していないようです。
「もっとリラックスして」「力を抜いて」など先生や古株さんがアドバイスしています。
あれ?気を受ける方も結構難しいコツがあるの?
それを習得しなきゃ気は感じられないの?
だんだん不安になってきました。 続きを読む 絶望的な激痛が奇跡的に治った話(5)

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(4)

(3)の続きです。

次に試してみた治療法は気功です。

その時期は真冬にさしかかって、寒さのせいか、腕の痛みが激痛⇒超激痛に変わってきていました。また、それまでは親指、人差し指、中指の3本の指だけがしびれていたのですが、薬指、小指もしびれだし、その2本の指が痺れ⇒激痛に変わりました。そこが痛すぎて、最初しびれていた3本の指はかすかにしびれる程度になりました。
不思議です。
医者には、親指、人差し指、中指の3本に、ちょうど対応してる部位の頸椎が変形してると言われていたので、他の指がしびれ始めるってことは、変形している頚椎の部位が変わったの?と疑問に思いました。しかし、頚椎の変形は長年の習慣で起こると説明されていたんですが。。。
その点を医者に尋ねると、
「それはゴニョゴニョゴニョ・・・」
「う~んとモゴモゴモゴ・・・」
あれ?うまく説明できないようです。
もしかして頚椎と腕の痺れ&痛みは関係ないの?

そうなんです。これはずっと後になってわかるのですが、首の変形と腕の痺れ&痛みは全く関係なかったんです。
当時は首が悪いんだと信じこんでいましたが、そうではなかったんです。
腕の痺れは首が原因。
足の痺れは腰が原因。
医者はそう習ったし、教科書に書いてある通りに信じています。
しかし、日本の整形外科は20年遅れていると言われています。最新の研究ではそうではないんです。
もちろん、首や腰が痛みや痺れの原因である場合もあります。でも、それは全体の中のほんのわずかです。ほとんどの痛みや痺れの原因は、筋肉です。だから、手術をしなくても治せる可能性はかなり高いんです。もし痛みで悩んでいて、医者に手術を勧められている方は、どうか最新の論文などを調べてみてください。さらに可能なら、セカンドオピニオンやサードオピニオンの病院、近所で評判の良い整体やカイロプラクティックも試してみてください。あと、これは自分の経験から学んだ個人的な意見ですが、偉そうな態度の人はたいてい間違っています。
これについてはまた後で詳しく書こうと思います。

さて、話を当時に戻します。 続きを読む 絶望的な激痛が奇跡的に治った話(4)

琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-

なぜか、Primeビデオの画像からの直リンクが貼れなくなりました💦
オススメはこちらです↓ プライム会員なら現時点では無料で観れます。
琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-

私は派手なアクションが好きなので、よく中国時代劇ドラマを観ますが、ストーリーが大味、ツッコミどころ満載、いろいろあり得ない。。ものが多く、他人にオススメせずに、一人でアクションを楽しむために観るものというカテゴリーでした。

しかし、これならオススメできる!と初めて観た時に感動したのが、このドラマです。
本当に中国ドラマなの?!と疑ってしまいたくなるくらい練り上げられた脚本で、伏線を確認しながらの2回目試聴も楽しかったです!王道の復讐ものですが、アメリカドラマにありがちなエロ・グロはほとんどなく、安心して家族と一緒に観れますよ。

“琅琊榜”とは琅琊閣という情報組織が毎年公表するランキングのことで、主人公の梅長蘇は、優れた才知を持つ者ランキング「十大公子榜」の1位です。事情があって武術はダメで全く戦うことはできず、ちょっと押したらフラッとよろけてしまうくらいの弱さです。が、とにかくかっこいいです。頭がいいと、物理的に強くなくてもこんなにかっこよく見えるものなんですね。
主人公の親友、蒙摯は、武術に優れた者ランキング「十大高手榜」の2位、主人公の元婚約者、穆霓凰は10位に入っています。
他にも魅力的なキャラがたくさん出てきます。きっとお気に入りが見つかると思います。

続編もなかなか面白かったですよ。

STEINS;GATE

もう10年前の作品なんですね。これは最初に観た時、普通に面白くなくて、一話目で挫折しました。
数年経ってから、プライムで無料だったので暇な時に頑張って少しずつ観ました。やっぱり面白くなくて、登場人物にも誰一人共感できなくて、また挫折しかけました。

でも、この作品はスロースターターだという評判を信じて我慢して見続けました。やはりタイムリープものが好きなので、有名な作品は観ておきたかったからです。
そうしたらやっと12話目あたりから、面白くなってきて、その後は止まりませんでした。

すぐに劇場版と、ゼロを観ました。
どれも素晴らしかったです。泣けました。観た後は感動して「私も最後まであきらめずに生きよう!」などと思えてきました。

やはり制作された順番に観るのがオススメです。最初は我慢です。そしてタイムリープものを観る原則として、矛盾やツッコミどころは深く考えずに作品内のルールに従う方が楽しめます。
お時間のある方はどうぞ。

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(3)

(2)の続きです。

曲がってしまった首の骨、ずれてしまった椎間板を治すため、不思議な治療法「十字式健康法」の吉祥寺会場(現在は閉鎖)に向かいました。
混んでいるときは数時間は待つと聞いていたのですが、私が最初に行ったときは広い待合室には誰もおらず、そのまま待たずに診てもらえました。治療する先生は宗癒師(しゅうゆし)と呼ばれていて、いろいろな方が交代で来ていて、人気のある先生とそうでもない先生がいるらしい、ということが後からわかりました。私が最初に診てもらった先生はまだ新しい先生で、あまりファンもついていなかったのでしょう。
治療の様子は前もってネット上で体験談を読んでいましたが、まさにそのまま、読んだとおりでした。先生は背骨に白いパウダーをつけ、「ウシ! フン! シュー!」などの気合の入った掛け声をあげます。全部で3分くらいで終了。いや、これでほんとに治るんならいいけどさ。。。痛みは全く変わりません。
でも帰り道でよくなってきたとか、数回通って治ったとか、という話も聞いているので、しばらく様子を見ることにしました。家に帰ってからも、その翌日も、数日たっても、痛みは変わりません。

先生が新米だからダメだったのかな。。。
そこでとりあえず、十字会のブログに載っている予定表を見て、すべての先生に当たるように時間と曜日を変えて通ってみることにしました。そして10回通ってみて痛みに変化がなければ、ここはやめて他のところを探すことにしようと決めました。
週1位で通っていると、混んでいる時間帯、人気のある先生、何故かいつも絶対いる常連の患者さんなどが観察できて興味深かったです。
吉祥寺会場の待合室に併設された喫茶店はすごくよかったです。
待ち時間にケーキやハニートースト、本部の北海道から取り寄せたお菓子などを食べましたが、全部当たり!美味しい!
ただ、コーヒーはその時に調理を担当しているスタッフさんによって全然味が違いました。一人めちゃくちゃ上手にコーヒーを淹れる人がいて、その人がいたら絶対に喫茶店に入ってコーヒーを注文しました。同じコーヒー豆でも淹れ方によってこんなにも味が変わるもんだなと思いました。 続きを読む 絶望的な激痛が奇跡的に治った話(3)

2021年8月4日

オリンピックもコロナも盛り上がってますね。

私は平常時ならオリンピックには興味がなくて、きっと開会式も見ないタイプなのですが、今回は逆にどうなっちゃうんだろう?って気になって結局全部見てしまいました。

見ていてずっと???でした。
まず、なんで一番大事な掴みがルームランナー?誰が言い出したの?誰が採用したの?
火消しと木遣りは『江戸消防記念会』の支援を受けた小池都知事がねじ込んだみたいですね。
その上でなぜタップダンス?
なぜ歌舞伎とジャズピアノ?

好評だったピクトグラムも含め、個人個人のスペックに頼りすぎで、全体をストーリーとして見ちゃダメなやつでしたね。
一貫性がないとはこういうことか。。という悪いお手本のようなセレモニー。
演出って本当に大事なんだなと勉強になりました。

あと、ゲーム音楽を使うのはいい案だけど、世界的に有名な任天堂の曲が使われなかったのはなぜ?
と思っていたら、こちらの記事にありました。
なるほど。。。

で、電通がつぶす前の本来の開会式案はこちら↓
==========================================
プレゼン資料によれば、セレモニーは、会場を一台の赤いバイクが颯爽と駆け抜けるシーンで幕を開ける。漫画家・大友克洋氏が2020年東京五輪を“予言”した作品として話題となった『AKIRA』の主人公が乗っているバイクだ。プロジェクションマッピングを駆使し、東京の街が次々と浮かび上がっていく。三浦大知、菅原小春ら世界に名立たるダンサーが花を添え、会場には大友氏が描き下ろした『2020年のネオ東京』が映し出される。

1964年の東京大会を映像で振り返ったのち、「READY?」と合図を送るのは、渡辺直美。過去から現代へと誘う役割だ。女性ダンサーたちが、ひとりでに走る光る球と呼吸をあわせて舞う。世界大陸をかたどったステージの間を、各国のアスリートたちが行進。各種競技の紹介は、スーパーマリオなどのキャラクターのCGが盛り上げていく。 
==========================================

えー?!
こっち見たかった!
絶対に見ることのできない幻の開会式なので、イメージの中で美化されちゃってるかもしれませんが、きっとこっちなら素晴らしい開会式になっただろうな。。。

詳しくはこちらの記事にあります。

それにしても文春はすごい頑張ってますね。本来なら大手メディアがやらなければならない役割を一手に担っていますね。

僕だけがいない街

日本のアニメは素晴らしい作品がたくさんありますが、観たことのない人におススメしたいアニメ第一位はこれです。漫画の方は未読です。

これもタイムリープものです。個人的には大号泣できたし、あたかい気持ちになれたし、観終わった後、ああ観てよかったぁとしみじみ思いました。
ただ、犯人が最初からわかりやすく推測できてしまうのは何の狙いなんでしょう?この作品の良さは謎解きじゃないんだよってことが言いたかったのかな。。そこだけが謎です。

恋はデジャ・ブ

タイムリープもので有名な古い作品です。同じ日を何回も繰り返してしまうという設定です。
それに気づいた主人公はありとあらゆることを試してみます。警察に捕まって留置場に入れられても、目が覚めると何事もなかったようにベッドで目が覚め、また同じ2月2日が始まります。
自暴自棄になってあらゆる方法で自殺をしてみても、また2月2日朝6時に、同じラジオ番組を聞きながら目が覚めます。
この何度も繰り返す自殺シーンを見て、輪廻転生の仕組みを連想してしまいました。もしこの人生に失望して来世でやり直そうと自殺しても、また生まれ変わった人生で同じようなことを繰り返して死にたくなるのかもしれない。この人生で設定した何かが修了しないうちは、何度生まれ変わっても同じことを繰り返すのかもしれない。だから、直面すべき問題からは逃げられないんだろうなぁと。。。

監督の話では、主人公が2月2日を繰り返す回数はおよそ3000回だそうです。嫌な奴だった主人公がだんだん成長していい人に変わっていくプロセスも自然で納得できる構成になっています。
この人は人間としての格が違うなぁ。。と思える方にたまにお会いしますが、そういう人は、何千回も多く生まれ変わっている大先輩の魂なのかもしれません。

絶望的な激痛が奇跡的に治った話(2)

(1)の続きです。

整形外科のリハビリ室では、首の牽引、温熱療法、低周波マッサージの3点セットを何回か繰り返しましたが、全く改善する兆候は見られませんでした。

次に私が向かったのは、ヨガ業界では割と有名なヨガ&ピラティスインストラクター兼理学療法士の先生です。ってここまで書くと、ヨガをそれなりにやっている人にはわかってしまうと思いますが、長年お世話になっていた方なのであえて名前は書きません。
常日頃から、側弯症の治療に運動療法を取り入れて劇的に改善できた事例や、手術することへの批判など、独自の持論を展開している方なので、きっとこの人なら手術なしで治る方法を教えてくれかも!と縋るような気持ちで個人レッスンの予約を取りました。当時は確か1時間1万円くらいだったように思います。

その先生に例のMRI画像を見せると、
「う~ん、これは難しいね…ここまできちゃうと運動療法では…」と最初から弱気な発言。
さらに「手術をする時は、きっと○○の方法で○○して…」と手術について語りはじめました。
え?!ちょっと待って! 手術をあんなに批判していたのに?!
MRIの画像がそんなに衝撃的だったのでしょうか?
結局その日は、痛みを緩和するストレッチなどをいくつか教えてもらって帰りました。今思うと、そのストレッチは全く理にかなったものではありませんでした。 続きを読む 絶望的な激痛が奇跡的に治った話(2)