リアリティ・トランサーフィン 第3巻


だいぶ時間が経ってしまいましたが、第2巻の続き、第3巻からの抜粋です。

このシリーズ、同じような内容が何度も繰り返し出てくるので、この抜粋も結局同じことを書いているような。。。でも、大事なことは繰り返さないと記憶に残らないのでそれでいいかなと思います。本を読んで感銘を受けても、数日後にはその内容をすっかり忘てたりしますからね。
※エネルギーワークの部分は図解が必要なのであえて省きました。


p32
人間は基本的に宇宙から意図的に「充電」する可能性を持っているのだが、この能力は退化した状態にある。
自分で宇宙からエネルギーを受け取るよりも、他人がすでに獲得したエネルギーを受け取ることがずっとたやすいことだ。このやり方を採用しているのが、いわゆるエネルギー・バンパイア(エナジー・バンパイア)である。


p36
誰もが目に見えないエネルギー保護被膜に包まれている。普通の人間はそれを感じることはできないが、イメージすることはできる。熱いお風呂に入った時のように、自分の体の表面全体を感じてみよう。


p72
あらゆる問題は人々の内的意図どうしの間に矛盾が生じた結果として起こる。


p74
実は、ほかの人たちを変えようとする必要はなく、自分を変える必要もないのだ。たとえあなたが自分や他人に何をしようと、すべてはあなたの内的意図による非効率で有害なだけの作用にしかならない。問題は別の方法で解決される。ほかの人たちの内的意図が実現するようにしてあげる必要がある。すると外的意図が作用し始め、あなたの内的意図はひとりでに実現されることになる。


p77
自分の存在意義を高めるゲームに参加することはやめよう。その代わりに、ほかの人々の存在意義を高めるゲームをしよう。


p91
人々に生じる問題のかなりの部分は、理性がバリアントの流れと闘った結果である。批判とはこうした闘いの表れのひとつだ。
(中略)
観客としてゲームを脇から眺めつつ、批判や非難は有害なだけ何ももたらさないことを思い出そう。そして流れに沿って進むのだ。


p121
あなたは選択する権利を実際に持っていて、可能性は自己の意図と重要性のレベルによって制限されるということを思い出すだけでよいのだ。あなたの仕事を決める過程では、職業の格式の高さ、達成手段、自分の短所については考えず、あなたにその仕事が本当に必要かどうかだけを考えよう。
あなたが自分のために選んだそんなよい職業に、自分の座るべき席が果たして見つかるだろうかとの疑念が生じたとしよう。そのような場合、振り子はあなたのために不安、失望、果ては絶望に至るまでのあらゆる条件を取り揃えて、手ぐすね引いて待っていることを承知しておかねばならない。あなたは今述べたことを肝に銘じるとともに、自分は選択する権利を持っていて、もし注文を出したら、それは遅かれ早かれ履行されるということを、いつも繰り返し口に出してみるべきだ。


p147
振り子が人をつかんで放さないのではなく、人が自分で重要性の糸を放そうとしないのだ。その人は糸を放すことを恐れる。なぜなら頼りになる支えと自信という幻想を生み出している依存関係に支配されているからだ。


p150
ただ自分の存在意義を追い求めての闘いをやめることにしてみよう。すると、それによってもたらされる結果に驚き喜ぶしかなくなるのだ。


p152
あなたが意識して重要性を振り払い、バリアントの流れと闘うことを中止するだけで、すぐに障害はひとりでに取り除かれるのだ。そうであれば、あなたに自信は本当に必要だろうか。いいや、もう自信は要らない。これからは、バリアントの流れに沿って進み、シナリオではなく重要性のレベルを意識してコントロールするよう調整することだけが必要なのだ。これまで様々な過剰ポテンシャルを維持することに使われていたエネルギーは、今やバランスを取ることと、純化された意図の櫂でほんの少し流れを助けてあげることだけに向けられるようになる。


p154
あなたに必要なのは、信念でも自信でもなく、調整(コーディネーション)なのだ。調整とは、あたかも目的がすでに達成されたと考えることから喜びを得て、シナリオをコントロールしようとして握りしめていたものを放し、純粋な意図という櫂を利用しながらバリアントの流れに沿って進むことを意味する。
あなたがバリアントの流れに沿って意識して進めば、余計な苦労なしに、すべてがうまくいくのだ。
もし調整に従って行動するならば、カーブしている流れの向こうから、かつてはいくら信じようとしても信じられなかったものや、不確実なために実現を危ぶんでいたものが、まもなく見えてくるだろう。理性の目に事実が突きつけられると、疑念は消え失せる。すると、信念は知識に、不確実性による恐怖は自分の力を実感する喜びへと変わる。肝心なのは、重要性を振り払い、シナリオをコントロールしようとして握りしめていたものを放すことなのだ。


p161
振り子にエネルギーを与えてしまうと、あなたは弱体化する。反対に、振り子があなたを挑発しても、あなたがそれに屈しなければ、挑発に向けられた振り子のエネルギーはあなたに移り、あなたをもっと強くする。このエネルギーが心地よい感覚として現れることになる。今やあなたは、以前の自分からエネルギーを奪い取っていた振り子が、どれほどのエネルギーを味わっていたか、想像できるだろう。振り子にそんな機会を与えてはいけない。振り子は何度もあなたにうるさくつきまとうだろうが、あなたはそれに屈してはならない。振り子にはあなたに向けて勝手にエネルギーを浪費してもらおう。


p170
この先にはまだまだ多くの時間が残されているという確信は幻想にすぎない。よりよい未来を待っているうちに、人生は幕を閉じる。「刹那以上の永劫はなし」という諺はここから来ている。本当に待っている時間などない。だから、未来を待つのではなく、未来の一部を今のこの瞬間に組み入れるのだ。今ここで、所有することを自分に容認しよう。そうすることであなたの目的がすぐに実現されるというわけではない。今話しているのは所有する意図についてであり、永久に続く自分との闘いのプロセスとは対極に位置するものである。所有する決意とは、行動する決意よりも比較にならないほど大きな力を持っている。


p172
ちょっと試すのではなく、実行するのだ。明日ではなく、今すぐに。この瞬間から所有することを自分に容認しよう。それも、疑うことなく無条件に。一回きりではなく、ずっと。
もしあなたが瞬時に成果を期待するのではなく、所有することを自分に容認し続けるのであれば、ある日、人々が奇跡と呼ぶようなことが起こるだろう。


p178
所有する決意を「欲するとそうなるだろう」という類の普通の想念であると思っているならば、それは間違いだ。本当は、そのような想念は意図のエネルギーで満ち満ちていなければならない。そうでなければ、それはよくある理性の独り言であって、それ以上のものではない。言うまでもなく、想念は魂と理性が一致した状態から生じるものでなければならない。さもないと、意図のエネルギーの変換が純度の高いものではなくなってしまう。もし自由エネルギーのかなりの部分が過剰ポテンシャルに奪い取られると、意図は力を持たなくなるだろう。


p194
このゲームの本質は、どんな不愉快な状況でも目を覚ましていて、意識して重要性の評価を行い、自分の接し方を変えるというところにある。
シナリオ上のネガティブに思われる変化をポジティブなものとしてみなそうと意図することで、すべてはまさしくそのとおりになるだろう。
この法則は本当に間違いなく働いてくれるのだ。
(中略)
不愉快な出来事は災厄そのものに続いて起こるわけではなく、災厄に対してあなたが取った態度の後に続いて起こるのだ。あなたが分岐点で行う選択によって法則性が出来上がる。
(中略)
あわてて不満を表したり状況と格闘してはならない。シナリオのコントロールを断念すれば、シナリオをコントロールできるようになる。コントロールはバリアントの流れとの闘いに向けられるのではなく、バリアントの流れに従うことに向けられるようになる。
シナリオへのどんな変更も当然のこととして受け入れることにより、あなたは自分によるコントロールの押し付けを断念することになる。それはつまりコントロールの放棄を意味すると同時に、自分の関与を維持し、従って、状況をコントロール下に置くことをも意味することになる。


p209
絶対的な信念を得るという実りのない努力はやめにしよう。別のもっと現実的な道がある。目的の達成手段を考えず、頭の中で目的とするスライドを映し出し、目的のある方向へと足を運ぶのだ。


p212
あなたはかつて目指していた目的からはるか遠くへ行きすぎてしまったと思っているかもしれない。すべてが失われたわけではないのならトランサーフィンによって状況を改善することができる。
あなたがしでかした間違いは、あなたの肥やしである。もしこうしたスタンスを取るのなら、輝かしい成功があなたを待ち受けていることだろう。成功を収めた優秀な才能の持ち主たちには、辛酸を嘗めた過去がある。彼らの人生のそうした側面については、あまり語られないだけのことだ。そんなわけなので、大きな過ちを犯したり、失敗の憂き目にあったら、喜びたまえ。あなたは成功に向かう途中にいるのだ。
あなたから見て不必要と思われるあらゆる体験は、目的とする人生ラインへ向かうのに必ずや役立つのだ。
あらたな希望が現れると、無気力状態から抜け出すことが出来る。
行動し始めるには希望が必要だ。行動に取りかかれば、リンゴが空へと落下する様子を目にするだろう。希望が自分の役目を終える頃、あなたは選択の自由を自覚するようになる。すると、あなたはこんな独り言を口にする。私は欲せず、期待せず、意図する。


p242
要は、あなたが自分の闘いを中止すれば、重要性の糸はひとりでに少しずつちぎれていくということだ。意識して放り投げることが出来る重要性はすべて放り投げたらよい。放り投げることのできなかった重要性は、行動に変換しよう。目的とするスライドを頭の中で映し出し、プロセスの視覚化を行い、穏やかな気持ちで目指す方向へと足を運ぼう。


p257
もし自分の目的を定め、調整(コーディネーション)の法則を堅持するのであれば、ある素晴らしい発見があなたを待ち受けていることでしょう。これまでにしでかしたすべての間違いは、まさにその目的のためにあったことを、あなたは納得するのです。


p294
幸運なことは常態であり、最小限のエネルギー消費しかしません。人間の理性は、最小限の抵抗しかしない方法について知らないので、バリアントの流れと闘い、自分にとっての障害や問題を自分で積み上げてしまいます。
調整の法則を文字通り理解するだけではいけません。大事なのは、最も熱くなっているときに割って入り、万事うまくいく、と繰り返すのです。


p300
振り子があなたのポテンシャルのエネルギーを感じ取り、あなたが苛立つようなふるまいをするよう人々を仕向けるのです。振り子はあなたの苛立たしさからエネルギーをもらい、道化を演じる人形遣いたちに勢いをつけているのです。
けれども、重要性のポテンシャルを投げ捨てると、取り巻く世界の様相が少しずつ変わっていきます。人々は同じなのですが、あなたに対するふるまい方がまったく違ってきます。分極化が消え去るや否や、鏡の表面が滑らかになり、リアリティは歪む前の状態に戻ります。
あなたの資質は、それをあなたが他者と比較しようとしなければ、あなたを取り巻くエネルギー分布にいかなる変化も引き起こしたりはしません。たとえば、「自分は規律正しいのに、やつらはぐうたらだ」、「自分ははっきりした目的意識を持っているのに、やつらはさっぱりわけがわかっていない」などという対比を行うと、分極化を引き起こしてしまうのです。
(中略)
自分も他者もありのままでいることを思い切って認めてあげましょう。ぎゅっと握りしめているものを手放しましょう。そうするや否や、分極化は消え去り、取り巻く世界は理解しがたい方法で変貌を遂げ、あなたを邪魔しなくなるでしょう。そうなれば、「リアリティ・トランサーフィン」とは何であるか、理解されると思います。


p331
目的達成への道と手段について心配すべきではない。この真理の根底には、意図の方向はバリアントの流れのベクトルを決める、という基本法則が横たわっている。
この方向を目指しつつ、バリアントの流れの邪魔をしない、ということだけが求められている。
頭の中に目的とするスライドを維持し、調整の法則を守っていれば、たとえ何が起ころうとも、バリアントの流れがあなたを目的へと運んでいってくれるだろう。法則とはそういうものだ。