リアリティ・トランサーフィン 第2巻(その2)

(その1)の続きです。


p228
魂と理性の一致を達成するためには、それを何で達成すべきか、つまり自分の目的を何にするのかまず特定する必要がある。そんなことはあたりまえと思うかもしれないが、これは決して些細な問題ではない。人々は何を欲していないかについては正確に知っているのに、自分の本当の望みとなると、きちんと説明することが難しいからだ。そのわけは、振り子が人々を自分の利益に従わせ、人々に偽りの目的を押しつけようとしていることで説明がつく。理性が魅惑的に見える蜃気楼の後を追い駆けようとしているのに、魂はまったく別の方向を向いているとしたら、魂と理性の一致などあり得るわけがない。
加えて、人々は振り子のための様々な仕事で多忙をきわめ、気苦労も多く、ただ単に腰を落ち着けて穏やかな気持ちで自分の本当の望みについて考えるということすらできない。特別に時間を割き、子供の頃、自分の魂は何を求めていたか思い出す必要がある。自分の魂は何を気に入っていたのか。何を欲していたのか。何に心を奪われていたのか。
(中略)
あなたが自分の目的について考えるとき、内的重要性や外的重要性はぬぐい捨てなくてはならない。
(中略)
目的について考えるとき、目的の持つ威光については考えないようにしよう。近寄りがたい高所に祭り上げられている目的を蹴落とそう。そうすることで、あなたは外的重要性を放り捨てることができる。目的について考えるとき、目的の達成方法については考えないようにしよう。そうすることで、あなたは内的重要性を放り捨てることができる。自分が快適な状態かどうかについてだけ考えよう。もし目的が達成されたならば、あなたは本当に嬉しいのだろうか。


p234
唯一頼りになる解釈は、理性による決断に対する魂の不快だけである。


p238
肯定表現(アファメーション)はスライドと同じような働きをする。しかし、魂の言語と理性の言語の違いを考慮に入れて用いる必要がある。
第一に、魂は言葉を理解しない。もしあなたが深く考えることなく何かを繰り返して言ってみても、何にもならない。魂は言葉の向こうにある言葉にならない思いや感覚を感じとる。何度も繰り返し唱えるよりは、一度感じる方がずっと効果的だ。だからあなたが繰り返し唱えていることを同時に体験するような試みが必要だ。
第二に、それぞれの肯定表現は方向性が絞られていなくてはならない。いくつかの目的をひとまとめにしてはならない。
(中略)
第三に、変化にとぼしい単調な一本調子は避ける必要がある。肯定表現を繰り返すたびに、新たな感銘や感覚がともなわなくてはならない。
(中略)
肯定表現を未来形にすると、未来が一向に現在になってくれず、どこか遠い先にあるが決してたどり着けないオアシスのようなものになってしまうかもしれない。注文しようとするものをあたかもすでに所有しているかのようにして、あなたの思考放射のパラメーターを調整する必要がある。
(中略)
もしあなたが過剰ポテンシャルの発生しない感情ゼロの状態でいるならば、その場合にかぎり肯定表現は一番効果的に作用する。
(中略)
あなたの所有する決意から所有する願望がなくなったらどうなるだろう。そのときは、振り子にとってつかむところがなくなってしまうことになる。
(中略)
もうご理解いただけたと思うが、肯定表現を唱えることは、ある意味、音声スライドである。ビデオスライドでも肯定表現は利用できる。すべてを全部使えば、最高の結果が得られるだろう。総合的なスライドの利用例を挙げてみよう。そのスライドにはあなたの新居の画像が映っているとしよう。あなたは暖炉のそばに座っている。ロッキングチェアの軋む音がする。薪が朗らかな音を立ててはじける。炎を見つめるのは何と心地よいことか!窓の向こうからは雨風の音が聞こえてくる。しかし、あなたの居る場所は快適で暖かい。サイドテーブルにはあなたの大好物が置かれている。そして、テレビでは面白い番組が放映されている。あなたは、そのすべてを見て、聞いて、感じて、つぶやく。「快適だ!」。あなたはスライドを見たり聞いたりしているのではなく、その中に住んでいるのだ。


p262
自分の目的を決めるための最もわかりやすく簡単な例で、能力トレーニングにもなるのは、必要とされる服を選ぶことだ。自分に似合いそうだと思って買った服が、後になってから気に入らなくなったり、似合わなくなったり、欠点が見つかったりしたことがなかっただろうか。そうかと思えば、目にした途端に躊躇することなくすぐに買い、今日までずっと気に入っていることもあるだろう。その違いは、最初の服は他人のもので、二番目の服はあなたのものという点にある。
(中略)
最初に、あなたが欲しいと思う形をおおまかに頭に描こう。細部までは考えなくてもよい。唯一必要なのは、服の種類だ。
(中略)
たとえもし長く捜し歩いたのに、見つけられなかったとしても、あなたのための商品はどこかの店に必ずある。それを疑ってはならない。
(中略)
あなたが決断を下すときには、あなたの理性しか働かない。理性は長所と短所を分析し、合理的で説得力のある自分のコンセプトを組み立て、ついでに周りの人々の意見にも耳を貸す。理性はそうしてプロセスに心を奪われているため、魂の感覚には少しも注意をはらおうとしない。そのような意味で理性はぐっすり眠っているといえるのだ。
理性が決心するまでは邪魔しないでおこう。さあ、理性が決心した。その瞬間、誰の言うことも聞かないで、目を覚まし、決心したときにどんな感覚を味わったか、はっきり理解するようにしてみよう。魂の快・不快の状態が、理性の決断に対する魂の反応なのだ。
(中略)
魂の不快がまったくないかどうかに特別な注意をはらおう。魂は、何を欲していないかについては、いつも正確に知っているからだ。
(中略)
もし自分を説得しなくてはならないのなら、それは他人のものだ。もしそれがあなたのものならば、自分を説得する必要はない。このことを肝に銘じておいて欲しい。


p271
あなたは難なく自分自身の流行の振り子を作ることができる。それはとても簡単なことだ。ほかの振り子たちから顔をそむけ、自分自身と向き合うのだ。魅力的でエレガントに見えるようにするという目的を掲げよう。
(中略)
きっとすぐには何も起こらないだろう。多少の時間を使って、自分の目的を実現する願望と縁を切ろう。目的を達成する義務から自分を解放しよう。重要性を振りはらい、強く握りしめているものを手放そう。歩きまわり、商品を眺め、気が向いたら試着してみるのもよいだろう。バリアントの流れを信じよう。
同時に、頭の中であなたの目的のスライドを再生することは有益である。しかし、それはあなたの外観についての具体的な画像であってはならない。あなたが周囲の人々の注意を引きつけていて、エレガントで魅力的で個性的に見えるときに感じた感覚からできているスライドを再生させるのだ。


p277
他人の人生ラインでは、近い将来においても、遠く離れた将来においても、どんな幸せも待ってはいない。
掲げた目的を大変な苦労をして達成した多くの人々は、無気力以外に何も感じてはいない。
(中略)
幸せだと思われたのは、振り子によってもたらされた蜃気楼であった。振り子はそうすることで、まぼろしの幸せへと向かう途中の人間からエネルギーをもらうことができるのだ。もう一度繰り返す。その先に幸せは待ってはいない。幸せは現在いる人生ライン上の今ここにあるか、それとも、まったくないかの、どちらかなのだ。
(中略)
幸せは自分の扉を通って自分の目的へと進んでいるときにやってくる。もし人が自分の人生ライン上、つまり自分の道の上にいるのであれば、たとえ目的はまだ先にあろうとも、今すでに幸せを味わっている。
(中略)
他人の目的は、流行や権威といった仮面で装う。
(中略)
他人の目的は、その近寄りがたさであなたを誘惑する。
(中略)
目的について考えるときには、それの持っている威厳性、近寄りがたさ、達成手段については考えないようにして、魂の快・不快についてだけ注意をはらおう。


p287
自分を愛するようになると、自分の目的がわかるだろう。目的まで続く道で、あなたは真に善良で人の役に立つ多くのことを成し遂げることだろう。
(中略)
あなた以外に誰もあなたの目的を指し示すことはできない。あなたの目的を見つける方法がひとつだけある。それは重要性を振りはらい、振り子との関係を断ち、自分の魂に注目することだ。誰よりもまず自分を愛し、自分のことを第一にするのだ。あなたの目的へと続く道を見つけるには、この方法しかない。
理性の過ちは、目的達成の現実性をすぐに評価し、前もってすべての手段を計算する点にある。
達成手段をあれこれ考えていると、人は失敗の人生ラインと同調してしまう。通常のやり方では目的は達成できないし、奇跡も起こりはしない。
(中略)
奇跡が起こるのは、あなたがおなじみの固定観念を叩き壊し、目的の達成手段については考えず、目的自体について考えるときに限られる。そうすると以前は非現実的と思えていたことが、突如、予期していない方角から姿を現す。予想外で、まるで偶然のように、目的達成のための極めて現実的な道が開けてくる。通常の世界観では、これは奇跡的な偶然の重なりに見えることだろう、こんな場合、理性は両手をあげてこう言うしかない。
「こんなこと、誰も予想できるわけがないじゃないか!」
トランサーフィンの観点からすれば、ここに奇跡は何もない。あなたは目指す人生ラインの周波数に同調し、所有する決意を得たため、外的意図がその人生ラインへとあなたを移動させただけの話だ。新たな人生ラインでは、これまでの人生ラインでは思ってもみなかったような新たな可能性が現れ、扉が開かれる。


p295
百パーセントの保証つきで目的を達成できる場合がひとつだけある。目的があなたのもので、あなたが自分の扉を通ってそれに向かう場合だ。


p315
振り子はあなたの扉をカムフラージュして、取るに足りないものや価値の低いものに見せかけようとすることもある。あなたが簡単に屈託なく喜んでやることにはすべて意味と価値がある。固定観念の枠内では何ら価値を持たないと思われる馬鹿げた考えが、必要とされる扉を開ける鍵となることだってよくある。


p317
振り子は誰でも入ることのできるような扉を開けて、できるだけたくさんの信奉者たちをそこへ引き込もうとするのだ。
通常、あなたの扉の近くでは誰も群がっていない。しかしもし扉付近にそこを通りたいたくさんの志願者がいても、皆すぐに脇に寄って道を開けてくれるので、あなたは自由に通ることができる。
誰でも通ることのできる扉は皆のために開いているが、そこを通り抜けられるものは少ない。振り子がスターのサクセス・ストーリーを作り上げ、信奉者たちを「私のようにやってごらん!」と挑発することを思い出していただきたい。蜃気楼に魅了された人々は皆一斉に同じ扉に殺到する。その一方で、こうした人々それぞれのための本来の扉の周辺には、まったく人影がないのだ。


p329
外的意図はありきたりのシナリオや固定観念の枠の外で作用するものだから、出来事の展開には予想外の変化が現れる。劇的に変化する可能性をシナリオに与えておこう。状況をコントロールすることから手を放そう。何かがあなたの計画通りに行かなくても、状況を修正しようと焦ってはいけない。予期していなかった出来事を前向きにとらえ、それがあなたに有利に働くものとして考えてみよう。
(中略)
もしあなたがシナリオ上のありがたくないと思える変化をあなたの利益になるポジティブなものとしてとらえるつもりなら、まさしくそうなるということだ。


P343
あなたは、自分のために食卓を整え、自分のためにロウソクに火を灯し、くつろいだ気分で食卓につき、誰の来訪も期待することなく、自分の喜びのために紅茶を飲み始めるのだ。たぶん移り気なミューズ神は、あなたのそんな平然とした態度に刺激されるのだろう。そこで彼女は姿を現し、あなたのお茶会に同席する。これが秘密のすべてである。


p350
他人の影響に屈してはならない。あなた自身を信じよう。自分の目的を探すときには、誰の言うことも聞かず、自分の魂にだけ耳を傾けよう。このためには、振り子に対しては頑強で毅然とした態度を取り、自分の魂に対しては十分に注意深くあるべきだ。