【実験日記】スピ系メソッドで騒音問題を解決できるか(3)

前回(2)の続きです。

今も、ドドドドッ ドドーン!!
という騒音と震動の下でこれを書いています。

相変わらず上階の騒音は激しいのですが、8月の中ごろから、どうもあのフィリピン妻の姿が見えません。子供たちの世話をしているのは、旦那さんの前妻の娘(19歳)のようです。
一時帰省しているのか、それとも出て行ってしまったのか。。。

出て行ったのならどうして子供を連れていかなかったんだよ、おい!!
本当は連れて行きたかったけど、旦那がそれを許さなかったのかもしれない・・
暴力を振るわれていて、それに耐えられなかったのかもしれない・・・
などど色々な妄想が沸いてきてしまいます。

奥さんが子供たちを連れて出て行ってくれることを切望していた私は、絶望に包まれました。
シングルファザーか・・・しかもそのファザーがあれだし・・・
子供たちはどう育っちゃうんだろう?
下に住んでいる私がこれから被るであろう膨大な被害は・・・
どんどんネガティブな考えに覆われていきます。

私自身が引っ越せれば一番いいのですが、今のところ経済的にそれは無理です。
しかも、引っ越せたところで、騒音恐怖症になってしまった私は、新しい引っ越し先でも新たな騒音に悩まされるかもしれないし。。。

ネットで同じような被害に遭っている人はいないかどうか調べてみると、想像以上に多くの人が私と同じ悩みを抱えていることがわかりました。
例えば、
「自分の家なのにくつろげないなんて…」
「帰宅恐怖症になってしまった。。またあの騒音にさらされると思うと帰り道、胃が痛くなる…」
「遮音性の高いイヤフォンを買ってipodを聞いて耐えてるけど、ずっとそうしていたら耳が痛くなって…」
そうそう! そうなのそうなの!
いちいちすべてに共感してしまいます。
私と同じように感じている人がたくさんいるんですね。

今まで、管理組合に相談する、騒音主に直接言うなど、行動できることはすべて試してみたつもりです。
それでも一向に改善されず、前回の日記で書いたように騒音主は常識がある人ではありません。

ただ、ずっとこのまま被害者意識を持って苦しんでいても、自分の心身にとって悪い影響しかないのは明らかです。ここであと一つできることと言ったら、スピリチュアル系メソッドです。
騒音によく効くのは“ホ・オポノポノ”という声が多いので、
この“ホ・オポノポノ”をメインに、いくつかのそっち系メソッドを組みあわせて、私はこの騒音に本気で向きあってみようと思います。

前置きが長くなりましたが、この日記はその実践記録です。

(続く)